オススメ記事をまとめました

元銀だこ店員がタイのバンコクの銀だこに行ってきた!想定外の味に驚愕…!

 

どうも、かっつー(@kattu0403)です!

 

突然ですが、

僕は2年ほど銀だこでアルバイトをしていました。

いわゆる元プロ銀だかーです。

 

 

そんな僕が先日、いろいろ訳あって銀だこの女の先輩と一緒にタイに行ってきたんです。

こちらが一緒に行った先輩の写真。

 

旅行に行くことになった経緯は

元バイト先の女の先輩とタイのバンコクに行ってきました【4泊5日】

こちらに書いてあるので良かったらどうぞ!

 

 

さて皆さん。これは驚くべきことなのですが、

タイに銀だこがあるらしいんですよ。

タイの銀だこ情報

公式サイトに書いてあったんです。

 

 

なんだろう、悪い想像しかできない…

青のりかと思ったらパクチーだったとか、タコじゃなくてマンゴーだったとか、そもそも味がトムヤンクンだったとか。考えるとキリがありません。

 

 

 

でもこれは運命かな、元プロ銀だかーが2人揃ってタイ旅行しているって時点で

行くしかないじゃないですか?

 

というわけで今回は、

こんなギモンを解決すべく

実際に食べに行ってきました!

元銀だこ店員がタイのバンコクの銀だこに行ってきた!

サイアムパラゴン店に行ってみた

今回行ってきたのは「サイアムパラゴン店」

(周辺の写真撮ってなかった)

営業時間:10:00~21:30

住所:Take Home G Floor, 991 Siam Paragon Department Store, Rama 1, Phathumwan, Bangkok, Thailand

 

サイアム地区は、日本でいう「渋谷」

で、サイアムパラゴンという超でっかいイオンみたいなのがあり、

その中のGF(1階)に銀だこがあります。

 

タイの他の銀だこ情報

ちなみに中国や韓国、マレーシアなどにもあります。プチ情報でした。

 

 

 

 

さて、館内で5分ほど迷子になり、銀だこに到着。

思ったより銀だこ〜!!

もっとパチもんみたいなの想像してたのに…!

 

レジ前にたこ焼きがディスプレイされています。

 

お店に着いた瞬間にめっちゃ写真を撮り始めたので変な人だと思われていたと思います。

…まさか僕ら二人が元プロ銀だかーだとは、タイの店員さんは想像もついてないでしょう。

 

とりあえず、内装を見てみることに。

 

うん、

 

うちより銀だこだね。

 

僕が働いていた銀だこはフードコート内にあったんですけど、こんな絵とか無かったです。

壁には「ALLWAYS 3丁目の夕日」に出てきそうな風景が描かれていました。

 

 

あと、お店の中心にドカンとTVがありまして、

日本語のムービーが流れていました。

日本の銀だこより銀だこしているのでは???

かっつー

こんなの初めてみたぞ…

 

 

 

…おっといけない。僕は元プロ銀だかーだ。

 

内装がタイの銀だこに負けているとしても、

たこ焼きでは負けないぞ??

銀だこ社員の現地視察のフリをしてオラつく僕。

 

 

 

貴様の実力、見せてみろ!

と日本語で言っても通じなかったのですが、それを言う前からたこ焼きを返していました。

 

 

 

あれ?普通に返せてない???

少し速く再生していますが、それでも中々だ…!

 

まあ、僕のほうが速かったですけどね。

 

 

 

…と、ここで気になったことが!!!

 

右の鉄板を見てください。

 

保護するために使用していない鉄板はネタだけを入れる(空ネタ)のですが、

 

このネタ、何も入ってなくね?

とんでもないことに気が付きました。

 

本当は、銀だこのネタには

  1. ダシ
  2. エビ
  3. 青のり

の5つが入っているのですが、

この画像のネタは粉と卵しか入ってませんね…

 

でも、左のたこ焼きを見てみると青のりとかが入っているんですよ。

多分タコを入れる時に追加しているのかな?

かっつー

かなりビックリしました

 

 

 

…ここまで写真をパシャパシャ撮っているだけで、

さすがに店員さんにキレられそうだったので

たこ焼きを買ってみました!

実際にたこ焼きを買ってみた

日本より値段が安く、メニューも豊富!

メニューはこちら。

 

たこ焼きの味は

  • たこ焼き
  • てりたま
  • ねぎだこ
  • てりやき

の4つ。てりやきは初めて見ました。

かっつー

日本で売ってないぞ…

 

逆に「チーズ明太子」がなかったですね。タイには明太子を食べる文化が無いからでしょうか。

 

そして個数は4,6,10個の3種類。日本だと8個と6個入りが一般的なんですが、全然違かったです。

 

 

 

そして気になる値段。

1バーツを3円として計算すると

  • 日本:たこ焼き6個で500円
  • タイ:たこ焼き6個で390円

でした。

 

 

 

…え?

日本より安いってやばくないですか??

普通だったら海外のほうが高いでしょ…

まあ普通にタイの屋台の食べ物と比べたらはるかに高いわけですが、これはおかしい。

 

あと、セットメニューとして

焼きそばがありました。

 

店長から「大きい店には焼きそばがあるよ!」と聞いてたものの、初めて見ました。しかもタイで。

 

  • 普通の焼きそば 330円
  • たまご焼きそば 390円
  • シーフード焼きそば 510円

の3種類。値段も安いです。

かっつー

セットにするともっと安くなる!

 

 

 

 

元プロ銀だかーのプライドが崩れ落ちてく〜!

 

 

…訳ないですねぇ!

 

 

 

値段が安くても、メニューが豊富でも、

美味しくないとダメですよね?

 

というわけで、注文してみることに。

店員さんは英語がとても上手でした。

 

 

 

あ、ぼくが言ったことはもちろん

We were Japanese Gindako worker.

 

(私達は日本の元プロ銀だかーです)

これ。めっちゃビックリされましたね。

 

さて、写真を撮っていた理由がわかったところで

  • たこ焼き10個
  • てりやき4個+焼きそば+抹茶セット

の2つを注文。

 

セットのドリンクは、日本にはない抹茶をチョイス。なぜタイにある?

たこ焼きで570円、セットで600円で計1170円。2.5人分くらいでこの値段よ。

かっつー

安すぎワロタ

 

 

…なんとか注文をしたんですけど、

フィフティーンミニッツ!!

って言われました。15分かかるらしいです。

なんかカタカナで書くと訳わかんないですね。

 

で、個人的にこれに一番驚いています。

なぜかというと、大半のお店だとこの場面では「5分くらいかかります!」とか言うんですよね。

 

そして急いで作って仕上げるのですが、

急ぐとたこ焼きの味が落ちるんですよね。

 

 

この時に15分って言ってきたのは

時間がかかるけどじっくり焼き上げるから許して

ってことだと思います。多分。

 

他に誰もお客さんがいなかったので、

タイのプロ銀だかーの実力を見せてやる…!

と、全力で挑んできたのでしょう。

 

かかってきなさい。

 

店員さんが手際よく作っていく!!

作っているところをガン見したいと思います。

 

 

さあ、見せてもらおうか…

タイプロ銀だかーの実力を!

 

 

たこ焼きをクルクルしています。まあ普通だな。

 

今回は焼きそばを注文していたので、

 

 

レジをしていた人が焼きそばを作り始めました。

 

 

 

まずは肉を叩いて、

 

 

そして野菜を(雑に)投下して、

 

 

ヘラで遊びます。

 

 

塩をふって、

 

 

またヘラで遊んでます。 大丈夫かな?

 

そうこうしている間に、

 

 

たこ焼きが焼きあがってきました。

そろそろ仕上げの油を入れられそうです。

 

 

調子にのってスピード上げて返してます。

 

と、ここで抹茶を出されました。

透明な液体はシュガー。お好みで入れます。

 

ちなみにタイのお茶って超甘いんですよね。

日本茶って書いてあるのに砂糖がガッツリ入っていることがよくあるので、今回は入れませんでした。

 

で、味はというと、

 

めっちゃ抹茶でした。全然甘くない…!!

かっつー

日本にあったら買うレベル

 

…ちょっと一本取られた感ありましたね。

 

さあ、仕上げに入ります。

 

 

バシャバシャ!!バシャバシャ!!!

 

 

グリグリグリグリ!!!!!

 

 

 

かかかかかかかかっ!!!!!!

 

 

端と端の鉄板で頑張ってます。

 

盛り付けはじめました。

 

普通に美味しそう。

 

 

あ、まって~~!!!!

これはダメなやつだ〜〜〜!!!!!

 

ダメダメ!たこ焼きを舟に入れる速度が遅すぎ!

 

 

最後に仕上げる時にですね、

どれにようかな…

って選んでいると焦げるんですよ。これは店長に怒られます。あと単純にかっこ悪い。

 

ここはプロ銀だかーの腕の見せ所なんです。

 

 

 

僕が家でたこパしたときの速さ見てみますか??

 

はい!はい!!

はい!はい!!

 

迷いがないでしょ?

これくらいの速さがないとダメですねぇ!

かっつー

ふっ…ここは勝ったな

 

 

 

おっ、たこ焼きのソースを盛り付け始めました。

 

まずは日本にない「てりやき」から。

 

 

ファサッ、ファサッ、

 

 

はええええ!!!!!!!

(なぜなら5倍速にしたからです)

 

 

フリフリ!!!フリリンチョ!!!!!

 

 

刻み海苔を…って、おい!!!!

順番間違えたな!!??

 

トッピングの順番にはしっかり意味があるので、間違えると命取り。重罪です。

順番を間違えると廃棄になりますが、ギリギリのところで戻したのでセーフでした。

 

 

 

さりげなーく鰹節を先にトッピングして、

 

 

何事もなかったかのように刻み海苔をトッピングしてました。今回は許してあげましょう。

 

 

さて、次は普通のたこ焼きのトッピングです。

 

 

ソースを塗り塗り!!!

 

…っておぉぉぉぉい!!!

 

ソースは一回で塗りきってよ!!!

 

なにがいけないのかというと、

何度も塗ると、ツヤが落ちるんですよね。

初めてトッピングをしたときに店長に教えられました。プロ銀だかーは全員知ってます。

 

…まあ僕もたまにやってたので許す!!!!

 

 

トッピング続行!!!!

 

ブチュブチュ!!!!ギュピーーー!!!!

 

 

フリフリフリフリ!!!!!

 

 

ファサファサッ!!ファサササッ!!!!

 

 

最後は猛スピードで仕上げてくれました。

 

それぞれ袋につめて、ついに出来上がり…!

 

ジャパンではたこ焼きを渡すときに「美味しく召し上がりますように」という魔法の言葉をかけるのですが、タイでは「センキュー」って言われました。

ちょっと期待したのに!!!!!

 

最後は一緒に写真を撮ってさようなら。

普通にめちゃくちゃいい人でした!!!!

タイのバンコクの銀だこを食べてみた感想は…?

さて、フードコートに移動していただきます。

 

銀だこの袋から取り出し、姿を表します。

 

 

めっちゃうまそーーーーーー!!!

 

 

匂いも完全に銀だこでテンションがあがる僕。

 

さっそく、2種類のたこ焼きを開けてみます。

 

 

どどん。たこ焼き10個入り。

舟が8個用のよりちょっとだけ大きかった!

 

 

そして「てりやき」。セットなので4つです。

 

トッピングは

  • てりやき専用ソース
  • マヨネーズ
  • 七味
  • かつお節
  • 刻み海苔

でしたね。あるようでなかった商品です。

 

しっかり竹串と箸もついてきます!!!

 

 

あ、知っておいてほしいことがあるんですけど、

出国前に成田空港で最後に食べた食事はですね、

銀だこだったんですよね。

 

なに食べようかなーって空港をブラブラしていたら発見。完全に想定外でした(笑)

 

 

ちなみにたこ焼きのクオリティが超高かった

値段も普通の店舗と一緒でしたね…!!

かっつー

ぜひ行ってみてください!

 

というわけで、最後の日本の味が「銀だこ」の僕と先輩をうならせることは出来るのか?

 

 

いよいよ…

 

たこ焼きからいただきます。

 

 

 

モグモグ…

 

 

モグモグモグ…

 

 

 

 

 

あっ

 

 

 

 

これは

 

 

 

 

熱すぎるー!!!

 

 

 

 

 

ちょっと戻します。

 

 

 

…というのは嘘で、

 

 

 

実際のところは、

 

 

 

 

めちゃくちゃ美味かったです。

 

 

 

 

下手したら、僕より美味しく作ってました。

 

完全に想定外…!!

 

 

皮はカリカリ、中はトロ~リしてます。

いやほんと、想像していたのと違かった…

パクチーでも入ってるかと思ってたのに。

 

あと、これはマジですぐ分かったんですけど、

タコがめちゃくちゃ大きいです。

 

先輩も食べてすぐタコの大きさに驚いてました。

これまででたこ焼きを500個くらい食べたと思うんですけど、こんな大きなタコは無かったです。

しかも大きさにばらつきがない…!

 

「コリコリ」とかいうかわいい表現じゃなくて、完全に「ブリブリ」でしたね。

かっつー

どうなっているんだタイ…

 

ちなみに、てりやきも普通に美味しかったです。

 

甘辛いソースとマヨネーズが絶妙にマッチ。日本で売ってても買いたくなる美味しさでした。

 

 

 

ただ、一つ気になったのが

たこ焼きの生地の味が物足りなかった。

多分なんですけど、ダシが入ってなかったな…!

 

これも食べた瞬間にすぐ分かりました。先輩も物足りないって言ってましたね。

 

それでも90点くらいでした!マジで美味しい!

日本の銀だこが出てくると思って大丈夫です!

 

さて、次は焼きそば。

 

紅生姜はおそらくネタに入れるやつですね。

ネタに入れる紅生姜は小刻みなんです。

 

…みたいに、先輩と元プロ銀だかーならではのトークをするのが楽しかった(笑)

 

では焼きそばをいただきます。

 

うん、

 

完全に美味かった。

 

なんだこれ…下手な屋台の焼きそばより美味い。

ただ、麺が極端に短かったです。

これを除けば、ほぼ完璧な焼きそばでした。青のりの代わりにパクチーでも入ってるかと思ったのに。

 

たこ焼きも焼きそばも美味すぎる…!!

 

 

 

その後も勢いを増していき…

 

 

 

 

 

あ、これは違った

 

 

完食!!!

(紅生姜は許してください)

 

途中から日本のフードコートで銀だこを食べている気分になりました。

まとめ

というわけで、検証結果…!

圧倒的でした。

かっつー

完敗…!!

 

日本の味が食べたくなったら、銀だこに行けば間違いないです。

タイに行ってまで銀だこかよって思うかもしれませんが!以外と日本食が恋しくなるもんですよ!!

 

いや、恋しくなくともぜひ行ってみてほしい。

それくらいオススメできるお店でした!

 

ところどころ日本の銀だことの違いを指摘していましたが、まとめたいと思います!

  • タイのほうが安い
  • タコがかなり大きい
  • 売っている個数が違う
  • てりやきや抹茶がある
  • 魔法の言葉は「センキュー」
  • 焼きそばの野菜は雑に入れる
  • 生地にダシが入っていない(?)

こんな感じですかね!

かっつー

参考にして下さい!

 

もう一度Googlemapと住所貼っておきますね。

営業時間:10:00~21:30

住所:Take Home G Floor, 991 Siam Paragon Department Store, Rama 1, Phathumwan, Bangkok, Thailand

他の店舗情報はこちら。

 

ぜひ行ってみてください!!!!!!

 

かっつーでした。