夏風邪だと思ってたら扁桃周囲腫瘍で入院した話

stap

どうも、かっつー(@kattu0403)です。

 

突然ですが…

のどに違和感があったら、耳鼻科に行きましょう。

僕みたいに対処を間違えると、何回も再発することがある

扁桃周囲腫瘍という病気にかかる可能性があります。

 

今回は喉の痛みを覚えていたのに内科に行き続けた結果、口の中に腫瘍ができて入院することになった話です。

扁桃周囲腫瘍とは?

pain

のどちんこくらいまで腫れます。

扁桃炎という病気は聞いたことがあるかと思います。

 

扁桃周囲腫瘍とは、扁桃炎が悪化して膿んでしまい、パンパンに腫れた状態のことです。

膿をとらないと場合によっては死んじゃうことも。

 

扁桃炎と風邪は区別がつきにくく、普通は安静していればどちらも治りますが…

今回僕は扁桃炎にかかっていたみたいで、対処を間違えて悪化してしまいました。

治るまでの経緯をお話しします。

うなぎ食って35℃マーク

fish

僕は風邪を引いたときは、まずは病院に行かないでうなぎを食うんですよ。

 

以前38℃の熱を出したときに、昼ごはんにうなぎ食って昼寝したら35℃まで下がって治ったんです。

今回もうなぎを食って昼寝しました。

 

35℃まで下がりました。

しかし、夜になると再び熱が。

 

普通の風だともう治っているのですが…心配に。

しょうがないから内科に行く

うなぎを食べても治らないときは病院に行きます。

 

普通の風邪と診断され、5日分の薬を出されました。

ところが、5日経っても良くならない。のどがとにかく痛い。

 

だ液を飲み込むだけでも、10本の針を束ねたもので突き刺されるような痛みでした。

spier

まさに生き地獄。

人によっては、ここら辺からよだれを垂らし続けるようです。

しょうがないから点滴打つ

さすがに激痛で水分補給ができなくなってきて、内科で点滴を希望。

点滴を受けたことで精神的には楽になりました。ところが、変化なし。

 

2日連続点滴を受けたところで、内科の先生から耳鼻科に行くように言われました。

耳鼻科に行ったら紹介状を書かれた

耳鼻科に行ったら、すぐこの一言。

 

「あー、これはもううちでは手に負えない状態ですね。」

「大きい病院、紹介します。」

baby

内科さん、もうちょっと早く言ってよ!!

すぐさま大きな病院へ。

診察が始まり、速攻メスを入れられる

大きな病院なので紹介状を持ってても3時間くらい待たされ、なんとか診察室へ。

以下、診察室での会話です。

紹介状見ました。お口あーんして

お医者さん

かっつー

(口開けるのも痛い)アァアアン
あー、これは今すぐ切開しないとダメですね

お医者さん

かっつー

(は?)えっと、麻酔は…
もう膿でいっぱいなので麻酔しても意味ありません。メスと注射、持ってきて

お医者さん

かっつー

ちょ、ちょっと何を言っているのか
先に宣告しておきます。痛いです。

お医者さん

かっつー

(あたりめえだろ)他に方法はないですか?
一刻を争う事態です。行きますよ

お医者さん

かっつー

ちょっとまっ…

あぁーーーーっ!!!!!!

まずは、ぶっとい針の注射器を腫れてるところに刺し、膿を吸引します。

 

その後、腫れているところにメスを入れて行きます。

stap

まさに、この蟹の爪を口の中に入れた状態。

これが痛いと言わないで、何を痛いと言うのでしょう。

 

メスを入れて3つくらい傷口を作ったら、今度はでっかいハサミを使ってそれを広げます。

 

これはもう。さっきと比べ物にならないくらいやばかった。

今までの人生で2番目に痛かったです。

(1番目はバッティングセンターで友達に鼻を折られたとき)

人によっては、ここで失神するようです。頑張った。

 

今までの人生で、自然と涙が出てきたのはこの時と鼻折った時だけです。

入院中もメスを…

message

バイト先の店長とのLINE。心にくるものがあった。

なんとか施術が終わり、緊急入院へ。

ところが傷口を作って膿を出したので、体調はかなり楽に。

 

その後の回復はとてつもないスピード。入院した晩からご飯食べれました。

(あれ、次の日もその次の日も、だるくは無いけどまだ痛くね…?)

 

なんと、最初に切った穴が塞がり、また膿んできていたのです。

少し痛いくらいで我慢できましたが、ずっと変わらなかったのでお医者さんに聞いてみた。

 

また、メスを入れてハサミで開きました。(2日連続)

これもさっきの痛さの表現と大して変わらなかったので省略。

 

そして無事、9/15に退院。5日の入院生活でした。

eat

途中から大盛りにして看護師さんご満悦。

まずは体調崩さないことが大切

いかがでしたでしょうか?

 

この病気にかかったら例外なくこのような経験をすることになります。

そして、かなりの確率で再発し、扁桃腺をとらない限りずっと続くそうです。

 

人によっては一回で扁桃腺を取るそうですが、僕は次なったら検討してみます。

みなさんも、体調を崩した時の病院選びにはお気をつけて!