オススメ記事をまとめました

人生初のヒッチハイクに挑戦!仙台から東京まで超高速で行けました!

 

どうも、かっつー( @kattu0403)です!

とつぜんですが、ヒッチハイクってご存知ですか?

 

 

 

ヒッチハイクとは
意識高い系の登竜門。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すみません。多くの人を敵にまわす表現でした。

 

ヒッチハイクは他人の自動車に乗せてもらうこと。

親指立てて車止めるシーンは、海外の映画でよくありますよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、それは分かるけど、

日本でできるのか?

と思いますよね?

 

 

 

できました。

東京の錦糸町にて。

ヒッチハイク初挑戦の様子を記しておきます。

ヒッチハイクをやると決意した理由

ぼくは、「学生のうちにやっておくべきだな」と思ったことを片っ端から潰していくように行動しています。

その一環として

  1. アルバイト
  2. 海外一人旅
  3. ブログ

などをやってきたんですよね。

ヒッチハイクもその一つといえると考えたのです。

…ただ単にお金がなかったのもありますけど(笑)

 

ヒッチハイクのメリットとして

  1. 交通費をかけずに旅行に行ける
  2. 普段会えない人と会える
  3. コミュ力、度胸が付く

といったことがあげられます。
参考:100回して分かった、ヒッチハイクのコツ

 

結果はどうであってもやることに意味があると感じたので、思い切ってチャレンジしてみました。

 

ちなみに今回は、仙台から東京に。

美容ブロガー亀山ルカさんの出版記念パーティーに招待され、「お金ないしちょうどいいや!」と思ってチャレンジしてみました。

かっつー

ネタバレですけど、無事について2ショット撮りました

 

 

ヒッチハイクの方法はプロブロガーやぎぺーさんの記事が参考になります。よかったらどうぞ。

ヒッチハイクで使ったスケッチブックとペンはこちらです。

仙台から東京までヒッチハイクしてみた

タイムリミットは18時30分。

パーティーの受付に間に合うように頑張ります。

First hitch hike13

 

移動距離はおよそ350km。遠い!

 

First hitch hike15

一発で東京いける可能性は低いので、

まずは福島の「安達太良SA」を目指すことに。

7:30 スタート

スタート地点はもろ地元民の道なので、書かないでおきます(笑)
First hitch hike16
この先に高速道路の入り口があり、福島方面に向かう人を狙います。

左折できるところの30m前くらいに立って挑戦。

 

初めてスケッチブックをかかげるとき、「心臓がはちきれそうになるくらい緊張する」ってネットに書いてあったんですけど、

そんなに緊張はしなかったです。

 

 

 

なんなんですかね?調子に乗ってます。

First hitch hike17

余裕やろ〜^^^^

 

 

 

 

8:00 誰も乗せてくれねえ

…と30分ほど経過したんですけど、

だれも乗せてくれません。

 

まあ2時間くらいは待つ覚悟ができていたので、当然かと思っていたんですけど、
First hitch hike3

First hitch hike4

やばくない??

ちょっと焦り始めます。

 

この日は3月末、土曜の朝だったんですけど、

仕事に向かう人ばっかり。

 

行く前まで、

まあ行楽シーズンだし、家族連れとかいるっしょ〜^^

と考えていたんですけど、

甘かったです。

 

そりゃ家族連れもいましたけど、

見知らぬフィリピン人みたいな人を乗せる気にはならないですよね…

ぼくもヒッチハイカーがいても乗せません(笑)

 

そして東北なので、「そういうのはちょっと…でも頑張って!」って顔をしている方が多かったです。

もちろん、ヘラヘラ笑われもしました。

 

 

 

これ本当に捕まるのか…って思って、

だんだん顔がひきつってきました。

First hitch hike10

 

東京までの昼行バスを調べたりもしました。

 

First hitch hike11

履歴もバスでいっぱいです。

 

で、調べた結果は

いちばん早いバスでもパーティーに間に合わない。

ひえぇぇ。

 

かといって、新幹線は高い。

 

 

 

よって、ヒッチハイクで行くしか無い。

気合と笑顔で頑張ります。

 

 

8:00 一台目の車が!!

40分ほど経過して、ついに1台目の車が!

乗せてくださったのは50代の夫婦の方。

(喜んでるgif画像をここで貼る予定だったんですけど、興奮してそれどころじゃなかったので撮ってませんでした)

 

 

仕事に行く途中で、過去にもヒッチハイカーを乗せたことがあるんだとか!

 

最初に言われたのが

字が細くて全然見えなかった!

もっと太く書いたほうがいいよ!

というお叱り(笑)

 

たしかに、距離が近くになってからスケッチブックを凝視している人は結構いたんです。

興味をもってくれたものの、よく読めない!

って方がいたかもしれませんね。

反省点です。

 

そして、希望していた「安達太良SA」で降ろしてくれることに!

車内の話題は

  1. これまでの人生
  2. 海外旅行での出来事
  3. ヒッチハイクを始めた経緯

などなど。

とにかくトークに必死です。

自分のエピソードをすべてさらけ出しました。

 

会話に詰まることがありましたが、そんなときは話題を振ってくださり、たくさん笑ってくれました。

自分もこういう人になりたいな。

9:30 福島 安達太良SAに到着!

会話していたらあっという間に到着!

First hitch hike8

福島で一番でかい(?)SAです。

First hitch hike5

ドライバーの方と写真を撮らせていただき、

First hitch hike2

お茶をもらって、

First hitch hike1

友人が出版した小説もくれました!

ツイッター文学賞の国内編で5位を取った作品。

あとでじっくり読もう…!

 

最後にFacebookを登録してお別れ。

いまも連絡を取り合ってます!

(結構、影響力ある方だった…)

 

お二人とも、本当にありがとうございました!

10:00 開始15秒で捕まった

お別れした後、30分ほどベンチで休憩。

 

ちなみに、仙台から3分の1くらい進んでます。

 

一休みしたところで、ペンを取り出し、

次は東京方面と太く書きました。

First hitch hike6

めちゃくちゃ人通りが多くて、

なんだか恥ずかしくなってきます。

くじけずに、写真の真ん中のゴミ箱あたりで開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、15秒ほどで捕まりました。

 

インスタにも「15秒で捕まった、うれP」みたいなストーリーを上げたんですけど、友達に「警察に!?」っていわれました。

そんなことないです。それは違うときです。

 

お次は50代前後のおじさまと、そのお父様。

お葬式で仙台に来ていて、その帰り道でした。

 

実家の千葉に帰るということでしたが、行き先を伝えたら東京まで連れて行ってくれることに!

どんだけいい人なんだ。

 

 

 

 

 

せっかくなので、なんで声かけてくれたんですか?

ってきいてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ふつうに

かわいそうだったから。

 

かわいそうだったからかぁ。

でもそれで乗せてくれる心の広さ。

 

本当に、ぼくもこうなりたいなって思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

First hitch hike9

後部座席にラファエルのお面があったのは謎でしたが。

趣味の後輩からもらったんだとか。

好きなYoutuberはぶりたんさんだそうです。

 

 

 

…で、他はあまり話せませんでした。

1台目で話したネタをまた話したのですが、なかなか会話が続きませんでした。

かっつー

そもそも葬式の後だしね…

 

人によってトークの好みがある。

学びました。

13:00 東京に到着!

18時に間に合うか心配していたんですけど、

12時には都内に着きました。

(2台目めちゃくちゃ飛ばしてた)

 

ただ首都高速が混んでいたので、13時ごろに錦糸町に到着。

写真を一緒に撮ろうとしたのですが断られたので、記念写真だけとってもらいました。

First hitch hike12

何の証拠にもなってねえ。

ちゃんと錦糸町におります。かっつーです。

名刺を渡して、お別れしました。

 

正直、もっとやるべきことがあったとと反省しています…

せっかく遠回りして東京まで送ってくれたのに、なにも与えられていない気がしました。

コミュニケーション能力を高めないと。

こんなぼくを送っていただき、本当にありがとうございました!

 

 

ということで、結果…

  1. スタートから40分で1台目
  2. 乗り継ぎは1回
  3. 移動時間 5時間

で仙台から東京にいけました!

高速バスより全然早かったです。

かっつー

めっちゃ運が良かったです…

 

ヒッチハイク、最高〜〜!!!

初めてのヒッチハイクで学んだこと

いろんなことを学びました。

文字は太く、大きく!

さっきも書きましたが、

行き先はとにかく太く書くべきです。

First hitch hike15

「まあこれで読めるっしょ」と思ってましたが、

近くないと読めない!といわれました。

 

たしかに、距離が近くになってからスケッチブックを凝視している人は結構いたんです。

 

興味本位で見ている人がほとんどかもしれませんが、

行き先が同じなら乗せようかな

と考えてくれていたら、もったいない話。

First hitch hike6

少なくともこれくらいの太さは必要ですね。

これからチャレンジする人は注意です…!

コミュニケーション力が大事

相手は、ガソリン代も高速代も払わないのに乗せてくれる菩薩のような人です。

そんな菩薩のような人が何を求めているのか?

 

これは人によって

  1. 面白い話を聞きたい
  2. ただ単にかわいそう
  3. 若くて可愛いから興奮した

などなど、いろんなことがあるでしょう。

ちなみに、ぼくはピチピチのギャルではないので、興奮はされませんでした。

 

ヒッチハイカーを乗せるような人だったら、

面白くてクレイジーな話をしたら喜んでくれるだろうな!

と思ったんですけど、そうとは限りませんでした。

 

1台目で盛り上がった話題は、2台目の車内では盛り上がらなかったのです。

会話が続かなかった時、

もっとトーク上手にならないと…

と反省しました。

 

人によって求めているものが違う。

身をもって学びました。

感謝の気持ちを忘れないように

とにかく乗せてくれた人に

大感謝。

ヒッチハイクでなければ一生会うことがなかった人。

ぼくはブロガー名刺を渡すことでFacebookを交換したりしました。

いつか一緒にお酒を飲んだり、恩返しをしよう。

まとめ

なんだかんだいって、

ヒッチハイク最高。

一人でも「ちょっとやってみようかな」と背中を押すことができたなら、ぼくはもう死んでもいいです。やっぱ死にたくありません。

ぜひご検討を。

 

 

 

 

 

あ、最後にひとついいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒッチハイク、1回では慣れませんわ。

またすぐやる勇気は、ぼくにはありません(笑)

 

やっぱりタダで乗せてもらうって申し訳ない。

 

でも、いつかまた

かっつー

ヒッチハイクすっかぁ!

となったら、頑張ってみようと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

かっつーでした。

こちらの記事もオススメ
亀山ルカさんの出版記念パーティー「ルカルカナイト」に参加してきた!

4 Comments

JosephBag

Gеt uр to $ 20,000 per dау with our рrogrаm.
We arе a tеam оf еxpеriencеd рrogrammers, workеd morе thаn 14 months оn this program and now everуthing is rеаdу аnd еverything works реrfеctly. Thе PауРal sуstеm is vеry vulnerаblе, instead оf notifуing the dеveloреrs оf PaуPal abоut this vulnerаbilitу, we tооk аdvantagе оf it. We асtivelу use оur prоgram fоr personаl enriсhmеnt, to show huge amоunts оf monеу оn оur аccоunts, wе will nоt. you will not bеlievе until you try аnd аs it is nоt in оur intеrest to prove to you that sоmеthing is in уоurs. When we reаlized thаt this vulnerabilitу cаn be used mаssivеly without сonsеquences, we deсided tо hеlр thе rеst of thе рeоple. Wе dесidеd not tо inflаtе thе priсе of this gold рrоgrаm and рut a vеrу low рriсe tаg, оnly $ 550. In ordеr for this рrogrаm tо be аvаilаblе to a lаrge number оf рeople.
All thе dеtails on оur blоg: http://www.rssaggregator.com/preview/?url=https://www.pinterest.com/pin/690387817853172742/

Thomasencox

Hеllo! I’ll tеll yоu my mеthod with аll thе dеtails, as I stаrtеd eаrning in the Intеrnеt from $ 3,500 per day with the hеlp оf sосial netwоrks rеddit аnd twitter. In this video you will find more detailed informаtion аnd alsо sее hоw manу millions hаve eаrnеd those who hаvе bееn working fоr а уear using my method. I sрeсificаllу madе а videо in this сарасitу. Аftеr buying my mеthod, yоu will undеrstand why: http://www.italianculture.net/redir.php?url=https://vk.cc/8jfmUx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。